レコードを買い続けてしまう人のブログ。
<< 前の記事 | 2/4 | 次の記事 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

HARALD WEISS|TROMMELGEFLÜSTER


横浜の関内にある中古レコード店でたまたま見つけて、全く知らないアーティストの作品だったのだけれど、何となく気になって試聴もせずに購入した。家に帰ってあまり期待することもなくレコード針を落としてみると、これがものすごく好みの変態盤だったので、思わず飛び上がって手を叩いて喜んだ。ついでに8回くらい連続して再生してしまった。

ドイツの現代音楽家/パーカッション奏者ハラルド・ヴァイスのソロ作品『TROMMELGEFLÜSTER』。クラシック界隈の人物とのことで、ジャズにおける知名度は限りなく低いようだ。1982年にECMへと吹き込まれた本作。いかにも現代音楽という雰囲気は希薄であり、フリージャズ/エクスペリメンタル/ミニマル/アンビエント的な要素が随所に散りばめられている。

収録曲はAB面に各1曲づつ。先を予測できない緊迫した空気のなか、ドラム/ゴング/スティールパン/木魚/タムタム/シンバル/鉄琴をはじめとした様々なパーカッション類が鳴り響く。時には鼓膜をつんざく豪雨のように打音が降り注ぎ、また時には草原を吹き抜けるそよ風の如く摩擦音が舞い上がる。ハラルド・ヴァイスがただ一人で暴走する鬼気迫る即興演奏。甲高い奇声を上げながら自身の精神世界へと埋没していく様子に圧倒させられる。


"Trommelgeflüster Part 1" Ripped from vinyl.


HARALD WEISS|TROMMELGEFLÜSTER
Recorded September, 1982

Harald Weiss (per, voice)
http://www.schott-musik.de/nighttrip/index.htm

SIDE A
Trommelgeflüster Part 1

SIDE B
Trommelgeflüster Part 2

VINYL DETAILS
ECM (ECM1249)・WEST GERMANY・STEREO