レコードを買い続けてしまう人のブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

PHAROAH SANDERS|THEMBI


自宅のレコード棚のファラオ・サンダースの作品をまとめて置いてある一角からズバっと二十枚くらい取り出して、数日後に迫った来日公演の予習も兼ねつつファラオ・サンダースの足取りを年代ごとに振り返りながらじっくり聴き直してみようと思ったのだけれど、リスニングを開始して二枚目にさっそく登場した『THEMBI』があまりにも気持ち良くてそればかり何回も何回も繰り返し聴いていたら、文字通りあっという間に貴重な日曜日が過ぎ去ってしまった。

結局、残念ながらファラオ・サンダースの足取りを年代ごとに振り返ることも、来日公演の予習も殆ど出来なかった訳なのだけれど、『THEMBI』だけは何回も繰り返し聴き直してやっぱり素晴らしい作品だと改めて確認することができたので、結果的にはそんなに悪くない日曜日の過ごし方だったのかなと自分自身を納得させた。さて、いよいよ来日公演が迫って来た。予習は全然足りないけれど、目の前に登場するファラオ・サンダースを素直に存分に楽しんで来よう。

[追記] そう言えば、ジャケットの見開きを眺めていたら『THEMBI』と名付けられた由来が記載されているのを発見して思わずニヤリとした。
This album is dedicated to, and named after Thembi Sanders. Thembi is an abbreviation of Nomathemba, which is an African Xhosa name, meaning hope, faith and love. Thembi is all hope, faith and love to Pharoah Sanders.


"Astral Traveling"
http://www.youtube.com/watch?v=T4nAGtdkU88

PHAROAH SANDERS|THEMBI
Recorded November 25, 1970 & January 12, 1971

Pharoah Sanders(ts,ss,fl,koto,bells,per,brass balafon,maracas,cow h,fifes)
Lonnie Liston Smith(p,el-p,claves,per,ring cymb,shouts,balafon)
Michael White(violin,per)
Cecil McBee(b,finger cymb,per,bird effects)
Roy Haynes(ds) Clifford Jarvis(ds,maracas,bells,per)
Nat Bettis,Chief Bey,Majid Shabazz,Anthony Wiles(African per)
James Jordan(ring cymb)

SIDE A
Astral Traveling
Red, Black & Green
Thembi

SIDE B
Love
Morning Prayer
Bailphone Dance

VINYL DETAILS
IMPULSE(AS-9206)・US・STEREO・RED&BLACK LABEL・GATEFOLD COVER
スポンサーサイト
私がdiglogに辿り着いたのは、インパルス!を検索していた時でした。
淡々とした語り口の中にカンジられる音楽への愛情と端正な写真が素晴らしくって、嬉しくなりました。
私もインパルス!は大好きなレーベルなのですが、ほとんど聴くのは60年代のタイトルばかりです。
しかしこのレコードも状態が良さそうですね!

レコードコレクターズのインパルス!特集見ましたか?
いろいろ良かったですが、個人的に一番驚いたのは、インパルス!のロゴデザインがマーゴ・ガーヤンらしいってことでした(笑)
mono-mono | 2011/10/25 23:58
>mono-monoさん

コメントありがとうございます。私もIMPULSEは大好きなレーベルの一つです。設立当初から1960年代後半までの作品の充実ぶりには本当に目を見張るものがありますね。1970年代以降になると、ややフリー寄りの作品が幅を利かせてくるようになるかと思いますが、PHAROAH SANDERSをはじめ、ARCHIE SHEPPやALBERT AYLERの作品も好んで楽しんでおります。

レコードコレクターズのIMPULSE特集はもちろん購入予定です。表紙がコルトレーンというのも嬉しいですね。それにしてもIMPULSEのロゴデザイン、マーゴ・ガーヤンですか。。。
comment









trackback URL
http://diglog.jugem.jp/trackback/126
trackback