レコードを買い続けてしまう人のブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

PHAROAH SANDERS|IZIPHO ZAM


ファラオ・サンダースが二年ぶりに来日する。今回はビルボード東京&大阪における、三日間全六ステージの公演が予定されている。さっそく東京公演最終日2ndセットのチケットを確保した。来日まであと数日。待ち遠しくていまからワクワクしている。ファラオ・サンダースは今年で71歳を迎えた。いつまでも元気に演奏を続けて欲しいと願っているファンも少なくないだろう。また、震災の影響で来日を見合わせる海外アーティストが相次ぐなか、こうして日本を訪れてくれることになったファラオ・サンダースと彼の仲間達を心から歓迎したい。

さて、来日公演に合わせて過去の作品を少し振り返ってみたいと思う。レコード棚からSTRATA-EAST盤『IZIPHO ZAM』を取り出してみた。1965年のESP盤『PHAROAH SANDERS QUINTET』1966年のIMPULSE盤『TAUHID』に続き、1969年に吹き込んだ三枚目のリーダー作。レオン・トーマス(vo)のヨーデル唱法を取り入れたA1「Prince of Peace」を筆頭に聴き所が多い。なかでもA2「Balance」を本作のハイライトに挙げたい。ロニー・リストン・スミス(p)の叩き付けるような激しい打鍵、ソニー・シャーロック(g)の荒々しいピッキング、背後から降り注ぐドラムとパーカッションの嵐。それらがファラオ・サンダースのまるで泣き叫ぶような強烈な咆哮と交わり合い、音の洪水となって容赦なく押し寄せる。何度聴いても身震いしてしまうほどの壮絶な演奏だ。

PHAROAH SANDERS来日公演スケジュール
Billboard Live TOKYO 2011年10月24日(月)〜10月25日(火)
Billboard Live OSAKA 2011年10月26日(水)
Pharoah Sanders(ts)
William Henderson(p)
James Leary(b)
Greg Bandy(ds)
http://www.billboard-live.com/

"Balance" Ripped from vinyl.


PHAROAH SANDERS|IZIPHO ZAM(MY GIFTS)
Recorded January 14, 1969

Pharoah Sanders(ts,per)
Sonny Fortune(as) Howard Johnson(tuba)
Lonnie Liston Smith(p) Sonny Sharrock(g)
Cecil McBee, Sirone(b)
Billy Hart, Majeed Shabazz(ds)
Chief Bey(african drums)
Nat Bettis, Tony Wiles(per)
Leon Thomas(vo,per)

SIDE A
Prince of Peace
Balance

SIDE B
Izipho Zam

VINYL DETAILS
STRATA-EAST(SES-19733)・US・STEREO・PROMOTION COPY
スポンサーサイト
初めまして。
久しぶりに更新されていて嬉しくなってコメントいたします。
更新を楽しみに待っていたものがいる、ということを厚かましくもお伝えしたかっただけでございます。
お忙しいともいますが、ときどきは是非、ということで。
お邪魔いたしました。
mono-mono | 2011/10/23 21:24
>mono-monoさん

はじめまして。嬉しいコメントありがとうございます。時間を見つけてまた少しずつ更新していけたらと思っていますので、お暇な時にでもご欄頂けたらとても嬉しいです。

ブログ『MONO MONOLOGUE』さっそく拝見させて頂きました。音楽の記事も、お子様の記事も、とてもいい感じですね。更新を楽しみにしています!
comment









trackback URL
http://diglog.jugem.jp/trackback/125
trackback