レコードを買い続けてしまう人のブログ。
<< 前の記事 | 1/6 | 次の記事 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

JOHN COLTRANE INTERVIEW|SONOSHEET-NOT FOR SALE


1967年にキング・レコードから発売されたジョン・コルトレーンのIMPULSE国内盤[SR-3005/3006/3007]の初版のみに付録として同封されていたEPサイズの非売品ソノシート。ジョン・コルトレーンが肝臓癌で亡くなったのが1967年7月17日。そのちょうど一年前、最初で最後の来日ツアーを果たした際に東京プリンス・ホテルにおいてTBSが録音した独占インタビューが収録されている。

収録時間は約八分(片面のみ)。一問一答形式でインタビューは進行する。音楽観、日常生活、自分を理解しない人に関して、他のアーティストについて、レコードについて、ベトナム戦争について、宗教観…。時には談笑を交えながらとてもリラックスした状態で会話を楽しんでいるジョン・コルトレーンの様子を聴き取ることができる。この世を去る一年前の声とはとても思えない。

先日購入した全く関係のない中古レコードのジャケットから、この非売品ソノシートがポロリと出てきた。このインタビュー盤の存在は以前から知っていて、機会があれば聴いてみたいと思っていたのだが、まさかこのような経緯で入手するとは思ってもみなかった。ちなみに今年はジョン・コルトレーン生誕85周年、来日45周年、そしてIMPULSEレーベル設立50周年を迎えた。このような節目の年に入手できたということも、何かの巡り合わせなのかもしれない。

[1966年7月18日収録・独占インタビュー・原テープ提供:TBS]
― 人は誰でも自分の全能力をあげて最善をつくすべきだ。少なくとも私はそう信じている。自分の到達し得た最高のものを、ラッパを通じて表わしたい。それが何であるかを説明する興味は無いが、とにかく、良いものだけが良いものを造り出せることを証明したいと思う。

― ソニー・ロリンズは素晴らしい演奏家であり、音楽家である。オーネット・コールマンは音楽家であり、偉大な指導者である。ローランド・カーク?素晴らしい演奏家だ。チャーリー・ミンガス?彼は良い仕事をしている。マイルス・デイビス?彼は先生だ。

― 日本で何をしたいか。もし時間があったら古いお寺を見たい。それから日本の音楽を聴きたい。琴の音楽を聴きたい。田舎に行って昔から伝わった古いものを見たい。琴、うん。楽器店で探してみたいな。ありがとう。日本に来られて嬉しい。演奏を聴いてもらえるのが楽しみだ。


"John Coltrane Interview" Ripped from vinyl.


JOHN COLTRANE INTERVIEW|SONOSHEET-NOT FOR SALE
Recorded July 18, 1966 at Tokyo Prince Hotel for TBS Television, Inc.

VINYL DETAILS
KING RECORDS(P-91)・EP・33 1/3RPM・SONOSHEET・NOT FOR SALE・A SUPPLEMENT TO SR-3005/3006/3007